有田みかんのふる里 マルス三宝柑出荷組合

有田みかんのふるさとへようこそ

マルス栖原三宝柑出荷組合
御訪問頂きましてありがとうございます
有田みかんは日本一」の旗印のもと、マルス組合では“総合管理”で取り組んでいます。 良質な苗木を品種ごとに最適な畑に植え、個体差、園地差、樹齢差などをきめ細かく観察しながら効率よく育成でき,「糖度12度以上のM玉」に仕上げることが栽培の目標です。目標を達成する為 各組合員にメール指導など 品質が安定するよう心がけております。 商品の生果率(生食率)約95%という数字が、その成果を雄弁に物語っています。 柑橘王国・有田は、瀬戸内海の気候帯にあり、適切な気温と降水量、水はけのいい礫質土壌と南面傾斜、そして江戸中期から続く管理栽培の歴史と伝統があります。特に土壌の良さでは、一部の水の多い平坦部を除き、マルチ被覆技術を使わずに露地栽培でき またマルス組合ではインフラ整備の面でも、栽培地域を巡る基幹道、共同スプリンクラー施設、急傾斜のさらに奥に入るモノラック(モノレール)というみかん産地の”三種の神器”が昭和40年代に整い、それが今も名産地の安定的な基盤となっています。

激安みかんの販売

お客様のレビュー